THRIVE

 

OUR SERVICE

What's coaching?

コーチングとは、
コーチはあなたにアドバイスを与え、解決する存在ではありません。コーチは対話を通じて日常生活やビジネスにおいて成果を得るように手助けするパートナーです。

What's coaching?

コーチングとは、
英語の馬車(coach)から生まれた言葉であり、「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味を持っています。1990年代からアメリカを中心に広がり始め、今では世界各国において企業や学校など様々な場面で取り入れられています。現在の市場はおよそ2000億円*とされており、アメリカでは9割以上の経営者がコーチをつけた経験があると言われています。
※2012年ICF(国際コーチ連盟)Global Studyより
コーチングとカウンセリングの違いはこちら

COACHING

パーソナル/エグゼ

パーソナル/エグゼクティブコーチングは
1on1のコーチングのことです。

1on1のコーチングではその人のリーダーシップを最大限引き出すサポートをします。ここで言うリーダーシップには2つの意味があります。自分自身を自分らしくリードするものと、自分がどのようにチーム、組織、そして世界と関わるかを問い続け、行動するリーダーシップです。プロのコーチが関わることで1人の時よりも、気づかなかったことに気づき、深め、実践しやすくなることが価値です。

こんな人にお勧め

  • 組織の拡大に伴い、自分のマネジメントに変化が求められている
  • なかなか相談できる相手が立場上社内にいない
  • 自分らしいリーダーシップに磨きをかけていきたい
  • フィードバックに飢えている
  • 今後のキャリアというのもそれなりに見えているがどこかワクワクしない
  • 決断したいことが近い将来あるが、決断できないでいる
自分らしく、面白く生きたい。その想いが大切です。 よくあるご質問はこちら。
FAQ

セッションの流れ

対面とオンラインの2種類があります。

対面
東京都内で可能
オンライン
音質や接続が悪い場合は電話で行い、通信料はクライアントの負担になるのでご了承ください

全体の流れ

3段階に分けてプロセスをご紹介します。

トライアルセッション
対面もしくはオンライン60分
1度試してから決めたいという方のためのトライアルセッションは随時受付しております。
有料:5000円(税抜き)
導入セッション
2時間程度
導入セッションとは一番初めに行うセッションで協働関係を築くことを目的とします。
そのために、お互いのことを知り、人生の目的を見つけ出し、コーチングの目的を共有し、コーチングについて理解を深め、進め方について相談します。
レギュラーセッション
1回60分
毎回クライアントが持ってきたテーマからセッションに入ります。
基本的に契約期間は最低3か月とし、2、3週間に1回のペースをお勧めします。 セッションは日本語/英語どちらでも可能です。

クライアントデータ

クライアントデータ

やってみようよ」という文化が築かれる

某日本企業メーカー 副社長様
契約期間:3〜6ヶ月

今回は社内へ1on1制度を導入するに当たって、自分たち役員がまず1on1をプロに受けてみることにしました。一言で言うと、楽しかったです。
自分のことにこれだけ注目してもらって内面に触れながら話す機会があまりないですよね。注目してもらってること自体が、嬉しい。
なかなかない機会だからこそ、本当の本音を自ら話そうと言う思いになるので、新たなな気づきがあり、いいサイクルが回っているのを実感します。自分がこんなこと考えていたのかと言葉にしてみて気づかされることも質問されて多々ありました。
正直、始める前は1on1に対してもきっといいものだろうけど、その効果を実感できていないので半信半疑な部分がありました。でも、やってみて今後自分の部下たちにも寄り添って行こうと思います。

思ったことを行動していくことで人は変化していく。自分自身もこの経験を通じて、社員に行動の後押しもしやすくなっていますし、結果的にこれが社内でできると「やってみようよ」という文化が築かれるのだと思っています。

KEIKOさんのコーチングは
自分の潜在的な可能性を引き出してくれるコーチ」

河合 様
契約期間:6〜12ヶ月

コーチングを受けようと思ったきっかけは、コーチングを自分で学び、クライアントの立場でプロからのコーチングを受けたくなったからです。これまでのセッションには大変満足しています。自分の枠を取っ払ってくれた。新しい見方・視点のヒントがもらえましたし、KEIKOさんの関わりで、自分のことを認知してもらい、自分の枠を取っ払い、少し腹黒さを得ることができました。コーチングを通じて責任感を重要視しすぎて自分が重くなっていたことに気づき、それをいい意味で手放し軽く動き回れる感じを得ることができました。
KEIKOさんのコーチングを表現するとしたら「自分の潜在的な可能性を引き出してくれるコーチ」ですね。

この5年で、気づいたら心の中にあった
山で泥んこになって遊ぶ場を作る」
を実現してしまいました。

原っぱ大学千葉主宰 ジョニー様
契約期間:5年

KEIKOとはこの5年間でエキサイティングな時間を一緒に過ごしてきました。
最初は、私が転職を考え、仕事としてコーチングに興味があったので、勇気を出して声をかけたのが始まりでした。そこから5年。
KEIKOとのコーチングでは、自分がどんどん身軽に、そしてシンプルになっていくのを実感しています。足裏の角質のように、気づかないうちに張り付いていたもの達が、スルスルと剥がれていくイメージです。
そして、自分がどの山を登りたいのか、何度も問いかけてくれます。
私がKEIKOを特に信用できるのは、良いことも悪いことも常に直球で受け止めてくれる。だからこちらも全力でぶつけられる。そんな関係です。
転職の時、大企業にいくものと思っていました。でも、この5年で、気づいたら心の中にあった「山で泥んこになって遊ぶ場を作る」を実現してしまいました。
KEIKOとは、まだまだ面白い山を登れる気がしています。

System Coaching

システムコーチング®とは
2人以上の関係性(=システム)を
コーチングするものです。

システムコーチング®とは

システムコーチングとは2人以上の関係性(=システム)をコーチングするものです。いくら良い戦略や人材がいても、関係性が健全でないと組織はうまく機能しません。システムコーチングではその関係性に焦点を当て、その組織が本来求めている姿を引き出し、組織変革することをサポートします。
上司・部下の関係、新たなプロジェクトチーム、部署全体、エグゼクティブ層、あるいは規模によっては会社全体などといったシステムを対象に行います。

関係性の質

これまでの実績

拡大に伴い、自分のマネジメントに変化が求められている

  • 大手通信メーカー人事横断プロジェクト
  • 大手広告代理店部署のチーム強化プロジェクト
  • ITコンサル会社チームビルディング合宿
  • プロ野球球団スタッフチーム強化プロジェクト
  • NPO法人SUSU エグゼクティブ層(英語)
  • 某競技日本代表チーム選手・監督関係性強化プロジェクト
  • ラクロス19歳以下女子日本代表リーダーシップトレーニング(選手対象)
    スタッフトレーニング(コーチ対象)

これまでの実績

セッションの流れ

セッションの流れ
*2-18名を対象 *回数や期間は応相談

セッションの特徴

長期的な関わり

長期的な関わり
本質的変化はセッションとセッションの間に起きている。初めはそんなわずかな変化に自分たちではなかなか気づきません。振り返る場を持つことで自分たちを客観的にみる視点も習得していきます。キックオフは1-2日間かけて行います。

関係性の可視化

関係性の可視化
なかなか見えない関係性をORSC®︎(Organisation Relationship and Systems Coaching)のツールであるを使って可視化します。

プロによる安心・安全な場づくり

プロによる安心・安全な場づくり
社内での立場は時にしてその場を大きく影響します。トレーニングを経たプロのコーチが第三者として関わることで、安全な場を築き、組織の本来の姿を明らかにし、進化をサポートします。

教育

教育
最終的には自分たちで自走していけるように理論も教育します。

対話形式

対話形式
座学ではなく、参加者同士が話すことで、主体的な場や組織作りに繋げます。

カスタマイズ

カスタマイズ
ヒアリングを通じて課題を明確にし、課題にあったコンテンツをデザインします。システムは生き物なので、その場に応じたプランでいくこともあります。全てはそのシステムに必要なことが起きているのです。

クライアントの声

株式会社セブンハンドレッド
代表取締役社長 小林忠広 様

  • 目的:バックグランドの異なるスタッフを主体的な自分たちらしいチームにすること
  • 期間:1回目と2回目は4-5時間、3回目に2日間セッション
システムコーチング導入の目的
「チームとして目指したいレストラン像について、それぞれの意識を向ける場を作りたかった。腹を割って話し合うことから、湧き上がる感情を皆で共有しつつ、変革することが目的でした。」
感想、どんな変化があったか
「普段では言えなかった気持ちや、お互いの境遇や視点を共有することができた。それぞれが違って、それぞれを尊重することを学び合えた。また、関係性を良くするための、壁(エッジ)を認識するようになれたことは今後のチームにとっての貴重な財産だと思います。」

Workshop Program

一般公開している個人単位でお申し込みできる
ワークショッププログラムです。

主にリーダーシップを主軸に置いたプログラム。法人として承ることもできますので、お問い合わせください。

photo

logo
グローバルな環境でリーダーシップを発揮したい人向けの全英語プログラム。ワークショップも1on1コーチングも英語で行い、自分らしいリーダーシップを体得。英語のテスト勉強とは異なる人と関わる上で使える英語力が向上します。

READ MORE

photo

logo
独立マインドとは「起業しよう」「会社を出よう」ということではありません。一言で言えば、「あなた自身の人生、こそこそせず堂々と表に立って生きること」ワークショップやその後の行動による学びのジャーニーを通じてを通じて、個人の中にある独立マインドを育みます。

READ MORE